笑福 天満橋店 / ラーメン

スポンサーリンク
728-90

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

shofuku_tenmabashi_front

天満橋を通り過ぎる時に、そう言えばこの辺に二郎系のお店があったなと、ふと思い出し、ネットで検索。

笑福 天満橋店がヒットしました。

早速、笑福 天満橋店へ移動します。

笑福 天満橋店は天満橋駅から西へ徒歩約3分。土佐堀通沿いで営業しているのですぐ分かると思います。角立地なので見つけやすいです。

外観の色使いは中華料理店っぽい配色。看板類が目立つので見つけやすいです。

早速店内へ。

笑福 天満橋店は食券制なので、入って左手にある券売機で食券を購入します。

メニューはラーメン、つけ麺、まぜそば、濃厚魚介つけ麺、カレーラーメン、みそラーメン等。

限定販売もあるので、どのラーメンがいつ食べられるのかは要確認です。

ラーメンとつけ麺がレギュラーメニューで、それ以外は変わったっぽいのでよく分かりません…

価格帯は、ラーメンやつけ麺が680円から。麺の量が並の200gから大の300gへの増量は100円プラス。

shofuku_tenmabashi_menu2

麺の量が小の150gだと味玉子付きに。

ラーメン200gを購入し、空いている席に座ります。

店内はカウンター席のみなのかな? 目の前の席が空いていたので奥の方は確認しませんでした。

好みの注文はにんにくありの他は普通です。

二郎系だと、にんにく、野菜、アブラ、カラメの増減を好みで注文できますが、笑福ではかつお節が載っていて、かつお節も好みの量を注文できます。

二郎系なので当然太麺、湯で時間がかかるので気長に待ちます。

しばらくすると、ラーメンのできあがり。

shofuku_tenmabashi_ramen

がっつり野菜が盛られています。チャーシューも大きいです。食べ応えがありそうです。

では、いただきます。

まずは麺をといきたいところですが、野菜を片さないと無理っぽいですね(笑)

がつがつわしわし野菜を口の中に放り込みます。

野菜の食感はシャキっとしていますが少し柔らかめで食べやすいです、もりもり食べます。

ある程度片したら麺を引っ張りあげます。この頃には麺の写真を撮ることなんか忘れてます…

麺はもっちりでしっかりとした歯応え、二郎系独特の麺。食べ応えがあっておいしいです。

続いてスープを。スープは二郎らしさを若干抑えめにしているような気がします。

と言っても、最近は二郎系の中でもいろいろ特徴のあるスープのお店が出てきているので、それらのお店に比べると二郎っぽいですが、ジャンク感が抑えめ。かな?

ごちそうさまでした。

関連ランキング:ラーメン | 天満橋駅北浜駅大阪天満宮駅

ブログランキングボタン
グルメブログランキングに参加しています
宜しくお願い致します

にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーリンク
336-280
336-280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク