木暮荘物語 / 三浦しをん

スポンサーリンク
728-90

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者の三浦しをんの有名な代表作は「まほろ駅前多田便利軒」や「船を編む」や「WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜」です。

どれも映画化された作品なので、作品名を聞いたら分かる人が多いかもしれません。

映画では「WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜」が一番新しい作品ですが、小説も映画も面白かったです。

ついこの間読み終えたのが「木暮荘物語」

グーグルで検索してみると、漫画化もされていたんですね。
読んでみたいです。

この小説はどのような内容なのかと言いますと…

内容紹介

小田急線・世田谷代田駅から徒歩五分、築ウン十年、安普請極まりない全六室のぼろアパート・木暮荘。現在の住人は四人。一階には、死ぬ前のセックスを果たすために恋を求める老大家・木暮と、ある事情から刹那的な恋にのめり込む女子大生・光子。二階には、光子の日常を覗くことに生き甲斐を見いだすサラリーマン・神崎と、3年前に突然姿を消した恋人を想いながらも半年前に別の男性からの愛を受け入れた繭。その周りには、夫の浮気に悩む花屋の女主人・佐伯や、かつて犯した罪にとらわれつづけるトリマー・美禰、繭を見守る謎の美女・ニジコたちが。一見平穏に見える木暮荘の日常。しかし、一旦「愛」を求めたとき、それぞれが抱える懊悩が痛烈な哀しみとしてにじみ出す。それを和らげ、癒すのは、安普請であるがゆえに感じられる人のぬくもりと、ぼろアパートだからこそ生まれる他人との繋がりだった……。

Amazon.co.jp

世田谷田代駅近くの築ウン十年の木暮荘に関わる人々の話が纏められた、短編集です。

ちょっと性的な話もあり、その性の鬱憤が面白い方向に突き抜けてしまっている人物なども登場してきて面白いです。

詳しい描写はありませんが、高齢者向け風俗の話やのぞきが生きがいの人などが出てくるので、ちょっと大人向けかもしれません。

その他にもちょっと変わった三角関係の話など。

全部で7話収録されているのですが、後半の3話が特に面白かったです。

木暮荘の2階に住むのぞきが生きがいになってしまったサラリーマンと1階に住む女子大生との奇妙な関係の話。のぞきは犯罪ですし現実ではあり得ない設定ですが、コミカルで面白い話でした。

その1階に住む女子大生が友達から赤ちゃんを押し付けられて、暫くの間赤ちゃんの面倒をみる話。こちらは打って変わって、母性というか愛情というか、ちょっと良い話でした。悲しい話でもあるのですが…

最後話では、料理を一口食べると調理した人が嘘をついているかどうかが分かるという、特殊な能力の持ち主が出てきて、その能力で他人の嘘を暴いたりするのですが、最後のオチはちょっと微笑ましくて心地良い感じでとても良かったです。

ブログランキングボタン
グルメブログランキングに参加しています
宜しくお願い致します

にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーリンク
336-280
336-280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク