『金久右衛門 本店(その3)/ 深江橋ブラウン』 金久右衛門流醤油とんこつ「深江橋ブラウン」これは癖になる味です!!

スポンサーリンク
728-90

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は未食の深江橋ブラウンを金久右衛門 本店で食べてきました。

一番多く食べている大阪ブラックの記事はまだ書いていないんですよね…

今日はしじみゴールドを食べに行った記事を書こうと思ったのですが、画像データが見当たらない…

という分けで、深江橋ブラウンの記事です。

金久右衛門 本店は大阪市営地下鉄深江橋駅から東へ徒歩約6分の場所で営業しています。

中央大通沿いで営業しているので、深江橋駅を出て東へ進めば到着です。

IMG_2544

外観は超シンプル。

大きな看板類は無く、立てかけられた看板と醤油瓶、暖簾など、店の近くに来なければ営業しているかどうか分からないです(笑)

では、早速店内へ。

店内へ入ると丁寧な接客に迎えられます。

今回は昼食の時間帯とは全く違う時間帯に訪問したので店内は空いていました。

座席はカウンター席と奥に座敷になっているテーブル席があります。

空いている席に座り、メニューを見ます。

kinguemon_honten_menu02

kinguemon_honten_menu01

ラーメンは、大阪ブラック・金醤油ラーメン・紅醤油ラーメン・深江橋ブラウン。
メニューブックには載っていませんが、店頭のメニューに書いてあったしじみゴールド。

麺の種類は2種類あり、細麺と太麺があります。
こちらから麺の指定がない場合は店のオススメの麺になります。

トッピングはいろいろありますが、丸腸ホルモンがあります。
ラーメン店ではちょくちょく見かけますが、珍しいメニューです。

セットメニューは、ごはん・豚丼・餃子・からあげのセットがあります。

今回は深江橋ブラウンを注文。

麺の指定はしなかったので、お店のおすすめの太麺になります。

しばらくすると、深江橋ブラウンのできあがり。

201511_kinguemon-honten_yodoyabashi_ramen

見た目はこってりですね〜、どんな味がするのでしょうか? 楽しみです。

具材は、チャーシュー・メンマ・ねぎ。

では、いただきます。

まずは麺から。

201511_kinguemon-honten_yodoyabashi_noodles

麺は中太の平打ち麺。

しっかりとした歯応えで固めの印象、しっかりと噛んで、食べた感がある麺です。

スープも絡んで美味しかったです。

201511_kinguemon-honten_yodoyabashi_soup

スープは、醤油とんこつ。

レンゲでずずっと飲んでみます。

おおっ、これは… 美味しい。ちょっと独特な味でこれは癖になるかもしれません。

美味しい醤油ラーメンを提供するお店だからできる、しっかりとした醤油味のとんこつスープ。

僕個人としてはこれはハマりそうです。

金久右衛門でしか食べることができない味ですね、これは美味しいです。

201511_kinguemon-honten_yodoyabashi_chashu

チャーシューはしっかりとした味付けのされた、程よい歯ごたえの美味しいチャーシューでした。

201511_kinguemon-honten_yodoyabashi_menma

メンマは大きくて長いのが3本も、これは嬉しい(笑)

しっかりとした味付けでぽりぽりとした歯応えで、こってりスープにも合っていて美味しかったです。

このスープはちょっと独特なので、ハマる人はハマりますよ。

ごちそうさまでした。

【金久右衛門 本店の過去記事】

201510_kinguemon-honten_front01[まとめ]金久右衛門 本店「大阪ブラック・金醤油ラーメン・紅醤油ラーメン・深江橋ブラウン・しじみゴールド」

金久右衛門 本店

関連ランキング:ラーメン | 深江橋駅高井田中央駅高井田駅(大阪市営)

ブログランキングボタン
グルメブログランキングに参加しています
宜しくお願い致します

にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーリンク
336-280
336-280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク