『団長 / 男の台湾まぜ麺』 ボリュームも味もガッツリの台湾まぜ麺!!

スポンサーリンク
728-90

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は麺屋 団長男の台湾まぜ麺を食べてきました!!

麺屋 団長は麺屋 わっしょいの系列店で、寺田町や今里のわっしょいと同じメニューを食べることができます。

麺屋 団長は大阪市営地下鉄 南巽駅から徒歩約1分の場所で営業しています。

南巽駅の2番出口を出るとすぐ目の前です。

下の写真を撮っている位置で首を右に回せば2番出口が見えます。

201510_dancho_front01

外観は真っ黒、これくらい真っ黒だと逆に見つけやすいです。

看板に男のラーメン、ガラス張りで中がよく見えるのでラーメン店だと分かりやすいですし、ラーメン店としての主張はバッチリです。

では、早速店内へ。

店内へ入ると、元気な接客に迎えられます。

店内のBGMも男臭い曲が流れています(笑)

わっしょいや団長は、男の!!というコンセプトで統一されていますね。

座席はカウンター席とテーブル席があり、空いている席に座り、メニューを見ます。

(クリックで拡大)
201510_dancyo_tmenu_W1500

セットメニューは一般と学生限定に分かれています。

dancho_201510_menu02

こちらが学生限定。

dancho_201510_menu03

最近、台湾まぜそばをよく食べているので、男の台湾まぜ麺を食べたいと思います。

ということで、男の台湾まぜ麺 961円を注文。

麺は300gまでは同料金で、300gまで白飯1杯無料です。

今回は麺は250g、白飯付きで注文。

しばらくすると、男の台湾まぜ麺のできあがり。

201510_dancho_taiwan01

白飯は普通にお茶碗1杯分あります。

台湾まぜそばに付いてくるご飯って追い飯なので、大抵はお茶碗の半分から1/3くらいの量だと思っていました。

これは想定外でした。かなりのボリュームになりますね(笑)

具材は、チャーシュー、ミンチ肉、キムチ、削り節、ねぎ、玉ねぎ、卵黄。にんにくはありなしを注文時に聞かれます。山椒も別で提供されるので、お好みで追加できます。

201510_dancho_taiwan02

卵黄の色が良い色です、綺麗な色の卵黄です。

では、いただきます。

まずはしっかりと麺、具材、タレをまんべんなくかき混ぜます…

しっかりとかき混ぜ終えたら、ずるずるっとかき込みます!!

おお、ガツンと濃いタレが麺によく絡んでいます。

麺は中太のストレート麺、歯応えが良く、濃い味付けに負けていません。

タレと具材は濃い味のタレにミンチ肉、キムチ、にんにくでパンチがありまくりです!!

削り節はそれらの味をぐっと引き締めますし、食感もキムチや刻み玉ねぎ、チャーシューといろいろな食感が入り混じっていて面白いです。

しっかり噛みしめてまぜ麺を堪能した後に、ご飯を投入です。

お腹もあごも結構満足していますが、まだまだ続きます。

麺を平らげた後に残ったタレと具材をご飯とまぜ合わせて、余すこと無く平らげます。

ふ〜、お腹いっぱいです。

ごちそうさまでした。

201510_dancyo_tonkotsu_ramen
『豚骨黒醤油』
醤油とチャーシューの香ばしさがたまらない!!

関連ランキング:ラーメン | 南巽駅

ブログランキングボタン
グルメブログランキングに参加しています
宜しくお願い致します

にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーリンク
336-280
336-280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク