『はなまるうどん / ぶっかけ 温(中) とり天』

スポンサーリンク
728-90

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回ははなまるうどんで、ぶっかけの温を食べてきました。

前回はぶっかけの冷たいのを食べたので、今回はぶっかけの温かいの食べました。

(クリックで拡大)
hanamaru_menu03

いつも通りトレイを取り、うどんを注文です。

ぶっかけの温(中)をお店の方に注文します。

中はうどんの量2玉になります。小は1玉、大は3玉。

うどんができあがり、どんぶりを受け取った後に天ぷらなどを選んで会計です。

今回天ぷらはとり天を選びました。

ぶっかけの中が400円、とり天が140円、合計で540円です。

会計が済んだら、お冷かお茶を入れて席に着きます。

セルフサービスで天かすかしょうがをうどんに入れることができます。

こちらが、今回注文したぶっかけ 温(中)ととり天です。

201510_hanamaru_bukkake_medium

おお、中は2玉なのでボリュームがありますね。

201510_hanamaru_bukkake_midium_up

とり天

201510_hanamaru_toriten

では、いただきます。

今回もレモンを絞り、よくかき混ぜてから…

ずるっずるっとうどんをかき込みます。

お、やっぱり冷と温では噛み心地が全然違いますね。

冷はしっかりと固い印象でしたが、温は表面がぷるんと柔らかく、すこしグミ状の良い弾力感が生まれています。

うどんは剛麺よりも歯応えのあるもっちり麺が好きなので、個人的には温が好みです。

もにゅもにゅと噛み締める食感が楽しいです。

ぶっかけの汁も温の方が温かい分、味と香りが口の中でふわっと広がる感覚は強いです。

冷の場合は温の時よりもキリッとした印象になります。

こちらはつゆやぶっかけの汁が美味しければ、僕はどちらも好みです(笑)

続いてとり天を…

とり天は厚みがあり、しっかりとした噛み心地です。

温かい汁物を注文して、つゆに浸して柔らかくした方が食べやすそうですね。

2玉はボリュームがあり、しっかりとお腹いっぱいになりました。

ごちそうさまでした。

hanamaru_mazeudon01
『台湾まぜうどん』うどんで食べる台湾まぜうどん

201510_hanamaru_bukkake01
ぶっかけ 冷(小)、ちくわ磯辺揚げ

はなまるうどんのHP

ブログランキングボタン
グルメブログランキングに参加しています
宜しくお願い致します

にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーリンク
336-280
336-280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク