『アロイ カオマンガイ / フライ カオマンガイ』

スポンサーリンク
728-90

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、梅田のタイ料理店アロイ カオマンガイで食べたカオマンガイの鶏肉を揚げたバージョンの、フライ カオマンガイを食べました。

アロイ カオマンガイは北新地駅からは徒歩約2分、梅田駅からは徒歩約6分の場所で営業しています。

大阪駅・梅田駅からは四つ橋筋を南へ進み、大阪駅前第1ビルのある桜橋交差点を越えて

1601aroikhaomangai_etc01

少し歩くと、右手方向にロンドンティールーム 堂島本店と九州ラーメン亀王 堂島店が見えるので、その間の通りに入ると

1601aroikhaomangai_etc02

到着です。

1601_aroikhaomangai_front01

外観はシンプルです。

目印は隣の店の竜王ラーメンの目立つ看板ですね…

店の外に置かれた立て看板でメニューを確認します。

1601_aroikhaomangai_front02

メニューはカオマンガイのみ。

前回はカオマンガイを食べたので、今回はフライ カオマンガイを食べようと思います。

では、店内へ。

中に入るとお店の方の丁寧な挨拶に迎えられます。

入ってすぐ左手方向に券売機が設置してあるので、食券を購入します。

1601_aroikhaomangai_menu01

前回訪問時とメニューの並び方が違っていますね、それと、ディナーメニューが新たに加わっています。

食券を購入したらお店の方に食券を手渡し、空いている席に座ります。

座席は全てテーブル席で、中央に10席の大テーブル、そのまわりに2名用のテーブルが並んでいます。

席に着くとお店の方が水の入ったグラスを持って来てくれます。

テーブルの上にはスプーンとフォークと箸、水の入ったピッチャーが置かれています。

1601_aroikhaomangai_table

201510_aroikaomangai_table02

照明は鳥かごです。オシャレに感じます。

201510_aroikaomangai_etc

店内に流れているタイのポップミュージック(多分)を聞きながら、フライ カオマンガイのできあがりをお待ちます。

しばらくすると、フライ カオマンガイのできあがり。

1601_aroikhaomangai_fried01

構成は前回食べたカオマンガイと同じです。

ジャスミンライスと鶏肉、大根の入ったスープ、ソースは2種類、タオチオソースとチリソース。

食後のガムもあります。

1601_aroikhaomangai_fried02

鶏の唐揚げはカラッと揚がっていて美味しそうです。

ジャスミンライスも米の粒がしっかりとしていて美味しそう。

では早速、いただきます。

まずは揚げた鶏肉をタオチオソースにつけて食べます。

1601_aroikhaomangai_fried03

ソースをたっぷりと鶏肉に絡ませて、ご飯と一緒にパクっと頬張ります。

1601_aroikhaomangai_fried04

うん、うまいです!!

しっかりと辛くて、香りが東南アジア料理独特の香りがして良いですね〜。

ジャスミンライスも独特の味と香りで良いです。

でも、前回食べた蒸した鶏肉に比べると、揚げた鶏肉は唐揚げで食べ慣れているので個人的にはちょっと異国料理感が減っちゃいますね。

ジャスミンライスやソースの味は和食には無い味と香りで、蒸した鶏肉も、鶏料理では圧倒的に焼いたものか揚げたものを食べているので鶏料理の中では食べ慣れていませんから、やっぱり普通のカオマンガイのほうがタイ料理って感じがしますね。

続いてチリソースで

1601_aroikhaomangai_fried05

こちらもソースをたっぷりと絡ませて、ご飯と一緒に頬張ります。

1601_aroikhaomangai_fried06

あ〜、うまい。

甘辛いチリソースってほんと美味しいですよね。

あ〜、美味しい。

何にでもあうというわけでもないので、口にする機会も少なくてより美味しく感じてしまいます。

ご飯と揚げた鶏肉だけのシンプルな構成なのですが、しっかりと辛いタオチオソースと甘辛いチリソースを交互につけて食べると一口一口味が変わるので食欲をそそられて箸が止まりません。

今回もあっという間に完食です。

もっちりとした蒸した鶏肉で食べるカオマンガイも美味しいですが、カラッと揚げた鶏肉で食べるフライ カオマンガイも美味しいです。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:タイ料理 | 北新地駅西梅田駅渡辺橋駅

ブログランキングボタン
グルメブログランキングに参加しています
宜しくお願い致します

にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーリンク
336-280
336-280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク