『ストライク軒 / シンカー(並)』もっちり麺にクリーミー蛤白湯、スープが麺にしっかり絡んで美味しいです!!

スポンサーリンク
728-90

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はストライク軒で蛤白湯スープラーメンのシンカーを食べました。

ストライク軒は大阪市営地下鉄天神橋筋六丁目駅、12番出口から南へ徒歩約2分の場所で営業しています。

天神橋筋沿いで営業しているので、12番出口を出たら南へ進むだけで到着です。

1601_strike_front

目印は黄色の大きなファサードテントですね、しっかりと目立っています。

お店への入り口は壁がなく、ビニールカーテンで間仕切りされています。

ファサードテントをアップで

1601_strike_front02

開店日は昭和八十八年八月八日。

昭和64年=平成元年なので、平成25年創業?

では、店内へ。

ビニールカーテンを開けて中へ入ると、お店の方の元気な挨拶に迎えられます。

入ってすぐ右手方向に券売機が設置してあるので、まずは食券を購入します。

1601_strike_menu

ラーメンのメニューは、中華そばと蛤白湯の2種類です。

中華そばはストレート、蛤白湯はシンカーと名付けられています。

今回は蛤白湯のシンカー(並)(830円)を購入。

食券を購入したら空いている席に座り、食券をお店の方に渡します。

テーブルの上はこんな感じです。

1601_strike_table

醤油とテーブルコショウの間に置かれているものは昆布酢です。

マグロ丼にかけて食べるのかな?

ピッチャーの中身は水ではなく、黒烏龍茶です。これは嬉しい!!

1601_strike_table02

グラスに黒烏龍茶を注いで、ラーメンのできあがりを待ちます。

ちなみにテーブルに割り振られた番号がファースト、セカンド…だったり、トレイの扉にブルペンと書かれていたり、野球づくしの店内です。

しばらくすると、シンカー(並)のできあがり。

1601_strike_ramen

おー、見た目が綺麗ですね〜、見ただけでこのラーメンは美味しいって分かっちゃいますね(笑)

美味しそうです。

香りも良い香りで、魚介スープの香りと香味野菜(かな?)のまろやかな良い香りがします。

では、レンゲでスープを掬って

1601_strike_ramen_soup

ずずずっと。

うまいです。

何故か懐かしい感じのする味わいです。

昔食べた懐かしい味がしました。が、それが何なのか思い出せません(笑)

スープにとろみがあり、シチューやクラムチャウダーっぽく感じます。

味のほうもそんな感じで、ややこってりまったりとした味です。

う〜ん、美味しいです。

続いて麺を

1601_strike_ramen_noodles

ずるずるっと。

おー、もっちもちですね、しっかりとした歯応えもあり、とろみのあるスープも麺によく絡んで味、食感、香りのどれも良いです。

あ〜、美味しいです。

チャーシューはどうでしょうか?

1601_strike_ramen_chashu

チャーシューは鶏チャーシュー。

しっとりとした柔らかい歯応えで、噛み心地が良いですね。

肉への歯の沈み具合が気持ち良いです。

その他には、キャベツ、赤玉ねぎ、オニオンフライ、パセリです。

そして、もう1つのメイン具材の蛤。

1601_strike_ramen_

こちらはぷりっとした食感で、蛤白湯スープにより磯感をプラスします。

いや〜、美味しかったです。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:ラーメン | 天神橋筋六丁目駅天満駅扇町駅

ブログランキングボタン
グルメブログランキングに参加しています
宜しくお願い致します

にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーリンク
336-280
336-280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク