中華厨房 もりもと「酢豚ランチ」 〜大阪 近鉄八尾 ご飯がほんとに熱々でおいしい酢豚定食〜

スポンサーリンク
728-90

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、中華厨房 もりもと酢豚ランチを食べました。

1603_morimoto_subuta02

中華厨房 もりもとは近鉄線八尾駅から徒歩約3分。

駅を出て高架下の商店街を西へ歩いて行き、一つ目の信号を渡る時にUFJとパチンコ店の間の通りに入るとすぐです。

1603_morimoto

ランチのピークタイムを外して訪問したのですが、お店の前に来ると空席待ちの行列が……

凄いですね、期待が高まります。

まずはお店の中へ入り、ウェイティングボードに名前を記入したら店頭で待ちます。

その間に店頭に置かれているメニューを見ておきます。

1603_morimoto_menu

日替わりランチ 780円はイカのピリ辛ソースです。

その他に、

エビチリランチ 900円
エビのピリ辛ランチ 860円
酢豚ランチ 780円
八宝菜ランチ 780円
マーボー豆腐ランチ 780円
からあげランチ 780円

などなど。

しばらくして席の順番が来たら、お店の方に名前を呼ばれて店内へ。

店内はテーブル席とカウンター席があり、空いている席に座ります。

テーブルの上にもメニューです↓↓

1603_morimoto_menu02

最近無性に酢豚が食べたくて、酢豚のセットメニューがあれば迷わず酢豚を選んでいます。

という訳で、席に着くと同時に酢豚ランチを注文。

本を読みながらのんびりと待っていると、酢豚ランチのできあがり。

1603_morimoto_subuta

お肉たっぷりです。

1603_morimoto_subuta02

ほら、こんなにお肉が。

これはごはんのおかわり必至ですね。

では、早速いただきます。

今回もごはんと一緒に食べる美味しさを想像しやすいように写真を。

1603_morimoto_subuta03

ちょっとブレてしまいました……

では、パクっと。

うわ!! ごはんが熱々!!

炊きあがった直後みたいな熱さです。

ごはんを普通に口の中に入れるとハフハフしないと熱くて堪りません。

ごはんの炊きあがりのタイミングだったのか分かりませんが、これは美味しいです。

ハフハフしながら食べるごはんはやっぱり最高です。

酢豚は普段食べている酸っぱいタレではなく、中華風味で美味しいです。

ごま油(かな?)の香りが食欲をそそります。

タレをお肉にしっかりと絡めて熱々ごはんと食べる。

この熱々ごはんはテンションが上がります(笑)

そして、当然ごはんが先に無くなり、おかわりです。

ごはんをおかわりした後、酢豚を見てもまだまだお肉はたっぷりあります。

これも嬉しい(笑)

最後まで酢豚と熱々ごはんを楽しめてお腹もいっぱいです。

いや〜、美味しかった。ごちそうさまでした。

食べログではマーボー豆腐ランチの口コミが多くて気になるし、からあげランチも気になります。

【中華厨房 もりもとの過去記事】

1604_morimoto02からあげランチ

1605_morimoto03マーボー豆腐ランチ

関連ランキング:中華料理 | 近鉄八尾駅

ブログランキングボタン
グルメブログランキングに参加しています
宜しくお願い致します

にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーリンク
336-280
336-280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク