渡邊カリー「チキンカリー」 〜大阪 北新地で食べる、軽やかで後を引く美味しいカリー〜

スポンサーリンク
728-90

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は4月4日に開店した、北新地の渡邊カリーチキンカリーを食べました。

渡邊カリーは、JR東西線北新地駅からならすぐ、JR大阪駅からだと徒歩約9分の場所で営業しています。

桜橋交差点を南へ歩いて1つ目の信号を西へ曲がるとすぐです。

お店は3階なので、看板が目印です。

1604_watanabecurry01

↓↓こちらの2つの看板が目印です↓↓

1604_watanabecurry02

では、早速3階へ。

3階への移動手段はエレベーターと階段があり、どちらもビルの入口そばにあるのですぐに分かります。

エレベーターで3階へ上がり扉が開くと、通路には開店したばかりなのでお祝いの花がたくさんありました。

エレベーターを出て右を向くと、お店の入り口です。

1604_watanabecurry04

扉を開けて中へ入ると、お店の方の明るい挨拶に迎えられます。

店内は喫茶店かバーの居抜きかな? オシャレな内装です。

通路から見ても店内の照明は明るく、入りやすい雰囲気です。

座席はカウンター席とテーブル席があり、空いている席に座りメニューを見ます。

1604_watanabecurry03

メニューは

チキンカリー 800円
羊のドライキーマ 850円
ポパイキーマ 950円
スパイスとんかつカリー 1150円
元祖渡邊カレー 1150円
薬膳スープ 300円

などなど。

辛さは中辛と辛口から選べて、ライスの量も大・中・小選べます。

今回は、チキンカリー 800円を注文。

注文の際にパクチーが入っていても大丈夫かを聞かれます。

僕は大丈夫なので入れてもらいました。

辛さは中辛、ライスの量は中でお願いしました。

注文後すぐにランチタイムのサービスの、ミニサラダとミニラッシーが提供されます。

1604_watanabecurry05

そして、

しばらくすると、チキンカリーのできあがり。

1604_watanabecurry06

大きな鶏肉にたっぷりのパクチー、ライスの上にはピクルスとトマトのチャトニです。

では、いただきます。

まずは、ごはんとルーを混ぜようと思ったら、なんと!!

1604_watanabecurry07

パクチーの下にも鶏肉が!!

これはなかなかのボリュームです。ちょっと嬉しい(笑)

では、改めてライスとルーと鶏肉とパクチーをまとめて

1604_watanabecurry08

パクっと。

ん、うまい!!

これはうまいです。

ルーはさらっとしたタイプで、辛さもさらりと辛いです。

辛いのは好きだけれども弱い僕でも美味しく感じる辛さ。

そして、このパクチーがとてもいい。

カレーの後味を爽やかな感じにしてくれるのですが、それが後を引くというか、次のひと口を誘うというか……

止まらなくなりますね。

鶏肉も大きくて程良い歯応えなので、食べ応えがあります。

食べ終わった後は口の中がピリピリしていますが、香辛料の香りとほのかな甘さが余韻として残っています。

美味しかったです。

ごちそうさまでした。

次は羊のドライキーマを食べに行きたいと思います。

関連ランキング:カレーライス | 北新地駅西梅田駅梅田駅(阪神)

ブログランキングボタン
グルメブログランキングに参加しています
宜しくお願い致します

にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーリンク
336-280
336-280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク