福島壱麺「す・またん 牡蠣濁ラーメン」 〜大阪 福島 夏ですね〜、磯の香りがたまらない牡蠣の魚介ラーメンを食べました!!〜

スポンサーリンク
728-90

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日に続き、福島壱麺です。

連食1食目の炙り〆さば 冷やし塩そばの記事はこちら。

では、お店の説明から。

福島壱麺は大阪環状線 福島駅から徒歩約2分

福島駅の目の前にあるホテル阪神地下1階で営業しています。

駅を出てなにわ筋から南東方向を見ると、ホテル阪神の1階に入っているファミリーマートと、広場のオブジェが見えます。↓↓

1606_ichimen11

↑↑この奥に地下へ降りる階段があり、地下にある食堂街の中に福島壱麺があります。

外観↓↓

1606_ichimen01

目印は日替わりラーメンのメニュー看板です。

1606_ichimen02

月〜土にかけて日替わりメニューが用意されていて、日曜日全てのラーメンが食べられます。

店頭に券売機が設置されているので、まずは食券を購入します。

↓↓クリックで拡大↓↓

1606_ichimen03

メニューは

豚骨 720円
海鮮塩 800円
海鮮醤油 800円
日替りラーメン
限定の淡麗牡蠣濁ラーメン 890円
炙り〆さば 冷し塩そば 800円

などなど。

今回は連食、す・またん 牡蠣濁ラーメンです。

たしか、昼夜各10食の限定。

前回に引き続き、テーブルの上はこんな感じです↓↓

1606_ichimen04

七味の容器が電球型、爪楊枝の容器があさりの貝殻です。

炙り〆さば 冷やし塩そばを食べ終えた後、す・またん 牡蠣濁ラーメン 890円を注文(買っておいた食券を手渡します)します。

しばらくすると、す・またん 牡蠣濁ラーメンできあがり

1606_02_ichimen01

ぷりっぷりの牡蠣が載っています。

牡蠣のペーストもたっぷり。

牡蠣のアップ

1606_02_ichimen02

牡蠣ペーストのアップ

1606_02_ichimen03

こちらのラーメンも美味しそうですね〜。

では、いただきます。

まずはスープから

1606_02_ichimen04

ずずずっと。

うん、うまい。

あっさりしっかりとした味わい。

あっさり魚介スープですが、炙り〆さば 冷やし塩そばと同じく、満足感が感じられるボリュームのある味です。

魚介牡蠣風味で、海を感じます。

あ〜、夏だな〜、って(笑)

つづいて、麺を

1606_02_ichimen07

ずるずるっと。

うまい。

つるっとした舌触りに、もちっとしつつしっかりとした歯応え。

スープもしっかりと絡んで、スープの美味しい塩味が良く味わえます。

ぷりっとした牡蠣以外にも

1606_02_ichimen06

程良くやわらかな穂先メンマが入っています。

そして、クリアスープのラーメンを楽しんだら、

牡蠣ペーストをラーメンに投入します。

1606_02_ichimen09

スープの中に入れたら、

1606_02_ichimen10

箸でかき混ぜ、溶かします。

スープ全体に溶かす前に、まずは濃い部分だけでスープを

1606_02_ichimen11

ずずずっと。

うまい!!

苦味が抑えられていて、あっさり濃厚牡蠣ペースト

磯の風味抜群!!ですね。

あ〜、夏だ、海だ。

そして、牡蠣ペーストを麺に絡ませて

1606_02_ichimen12

ずるずるっと。

うま〜い!!

これはヤバイ(笑)

スープと違って麺なので、磯の風味食べてます。

うまいわ〜。

連食しましたが、2杯とも美味しかったです。

夏にぴったりな限定ラーメンでした。

ごちそうさまでした。


【福島壱麺の過去記事】

1606_ichimen06炙り〆さば 冷やし塩そば


福島壱麺

住所:大阪府大阪市福島区福島5-6-16 ホテル阪神 B1F

予約:050-5570-4335
お問い合わせ:06-6456-3142

営業時間:11:00-15:00, 18:00-23:00

無休

福島壱麺 入江さんのTwitter

ブログランキングボタン
グルメブログランキングに参加しています
宜しくお願い致します

にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーリンク
336-280
336-280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク