一蘭 八尾店「ラーメン」〜大阪 八尾 外環に一蘭が出店〜

スポンサーリンク
728-90

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、大阪の八尾市に2017年4月6日にオープンした一蘭ラーメンです。

場所は分かりやすいです。

外環沿いで、近鉄信貴線のちょっと北側です。

ロードサイド店なので、駐車場もしっかりの36台。

徒歩の場合は、最寄り駅は服部川駅で、店まで約12分。

この日は開店2日目の昼過ぎで、ピークタイムを外していますが30分待ちでした。

この日は小雨が降ったり止んだりの天候な上、開店して間もないので行列も長く伸びており、行列は店頭の屋根からはみ出してしまいますが、列に並ぶお客さんが雨に濡れないようにタープテントが設置されていました。

行列の最後尾に並ぶと、お店の方にオーダーシートを渡されたので、◯を付けていきます。

本来なら席に着いてから記入するのですが、席に着くまで時間があるからだと思います。

一蘭といえば秘伝のたれなのですが、豚骨スープの味を楽しみたいのでなしで。

外で10分くらいかな?

ラーメンなので回転も早くて、店内へ案内され、券売機で食券を購入します。

ラーメン 790円をポチッと

その後も店内で暫く待ちます。

店内の方は壁沿いにベンチシートが並んでいて10数名が座って待っています。

そして、カウンター席へと続く暖簾の間に空席案内板が。

座席は36席あり、どこが空席になっているのか分かります。

今回はお店の方が空席を案内してくれましたが、空いている時はこれを見ながら自分で席に着くのかな?

カウンター席が3列ありますが、列を覗かなくても空席が分かるので便利ですね。

などと感心していると、順番が回ってきました。

お店の方に案内され、暖簾を潜ると一蘭の代名詞でもある味集中カウンター

真ん中にセルフサービスの水をグラスに入れて、座席へ。

箸袋は追加注文のオーダーシートになっています。

席に座ると目の前の暖簾が上がり、お店の方の丁寧な挨拶とオーダーシートの確認が行われ、あとは待つだけです。

待つといっても、極細のとんこつラーメン。

すぐにできあがりです。

では、いただきます!!

まずはスープから

ずずっと

うまい!!

油分多めに感じますが、それは大阪のとんこつラーメンを食べ慣れているからでしょうね。

大阪のとんこつラーメンは醤油たれの味が濃いめで、博多のとんこつラーメンは醤油たれの味が大阪のラーメンよりも薄めで、とんこつスープの味がしっかりと感じられる印象です。

たまにしか食べないので、毎度、こってり度=油分なのを忘れて、こってりに◯を付けてしまいます…

では、麺を

ズルズルっと

極細、しっとり歯応えの麺で美味しいです。

このしっとりさは変わりませんね。

そして、チャーシュー

たま〜にしか食べに来ないのでいつも忘れるのですが、

味の濃さをこい味、こってり度をなしやあっさりにすると、たれが増えてスープの油分が減るので、醤油とんこつラーメン寄りになるらしいです。

この設定のラーメンを食べたいとずっと思っているのですが、毎回ラーメンを食べ終わって店を出た後にこのことを思い出します(笑)

美味しかったです。

ごちそうさまでした。


一蘭 八尾店

大阪府八尾市東町1-5 (google map)

072-924-2211

10:00-23:00

無休

HP

ブログランキングボタン
グルメブログランキングに参加しています
宜しくお願い致します

にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーリンク
336-280
336-280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク