『ラー麺 ずんどう屋 八尾志紀店 / 元味らーめん』つるつるぷりぷりの麺で食べる姫路豚骨らーめん

スポンサーリンク
728-90

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、大阪府八尾市で営業している、ラー麺 ずんどう屋 八尾志紀店元味らーめんを食べてきました。

ラー麺 ずんどう屋 八尾志紀店はJR志紀駅から北へ徒歩約3分の場所で営業しています。

志紀駅西口を出て大通りに沿って歩いて行けば到着です。

本店は姫路で営業しており、現在続々と店舗拡大中のらーめん店です。

2015_zundoya_yao_front

外観はロードサイド店なので大きな看板が目印です。

通りに面して大きくアピールしているので分かりやすいです。

ロードサイド店なので駐車場も大きです。

この日は夜遅くに訪問しましたが、混んでいました。

店内はずっと満席で、入店する時に少しだけ待ち時間があり、食べ終わって帰る時も空席待ちが発生していました。

店外に長ーいベンチシートが置いてあるのでピーク時にはかなり混むんでしょうね…

では、店内へ…

店内に入るとお店の方の元気な挨拶に迎えられます。

店内は混んでいますし、お店の方も元気な接客なので活気があります。

座席はカウンター席とテーブル席があり、空いている席に案内されて座ります。

席に座ると、ドンっ!!とサービスの高菜がテーブルの上に置かれます。

2015_zundoya_yao_takana

おお、美味しそうな高菜です。

これはごはんが絶対要りますね。

では、メニューを見ます。

(クリックで拡大)
2015_zundoya_yao_menu

メインのらーめんは元味と和風があり、ごはんものも丼にチャーハンと充実しています。

一品ものも充実していますね〜。

今回は元味らーめん 750円とごはん 150円を注文。

麺は2種類あり、細ストレート麺と中太ちぢれ麺から選べ、背脂の量も指定できます。

麺は細ストレート、背脂はこってりを指定。

テーブルの上には紅しょうが、生にんにくなどのトッピングも充実しています。

2015_zundoya_yao_table

しばらくすると、先にごはんが提供されました。

2015_zundoya_yao_rice

高菜を用意し、元味らーめんのできあがりを待ちます。

が、我慢できずに食べ始めました(笑)

その後すぐに元味らーめんのできあがり。

2015_zundoya_yao_ramen

背脂たっぷりのこってりスープですね。背脂の量は自分で指定しましたが(笑)

こってり好きにはたまらないスープです。

具材は、チャーシュー、のり、ねぎ。

では、いただきます。

まずは麺から。

2015_zundoya_yao_ramen_noodles

あれ? 低加水麺ではないんですね。

このらーめんのビジュアルだと博多らーめんのイメージがあるので、勝手に細麺は低加水麺だと思っていたのでちょっとびっくりしました。

ずんどう屋は博多ではなく姫路が本店ですので、違って当然です。

では、ずるずる〜っと。

うまいです。

つるつるぷりぷりの麺で歯応え良し、スープと背脂も絡んで美味しくいただけます。

2015_zundoya_yao_ramen_soup

スープはこってりマイルド、臭みも少なく味はしっかり粘度はややさらさらで食べやすいです。

2015_zundoya_yao_ramen_chasyu

チャーシューはしっとりした歯応えで柔らかめ。

麺もスープも口当たりが良くて食べやすいので、するするっと食べれちゃいます。

美味しい高菜があるので、ごはんもがっつり食べれます。

メニューには書いてなかったけど、ごはんは大盛りはあるのかな?

高菜をごはんに載せてがっつりと食べたいので、大盛りがあると嬉しいですね。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:ラーメン | 志紀駅

ブログランキングボタン
グルメブログランキングに参加しています
宜しくお願い致します

にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーリンク
336-280
336-280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク