なか卯「親子丼」〜松屋の親子丼と食べ比べ!!〜

大阪 (グルメ)

昨日(2017/02/28)から松屋の西日本の一部店舗で発売が開始された親子丼を早速食べに行きましたが、こちらを食べたならあちらはどうなのか?

松屋・吉野家の両店舗でどういう違いがあるのか気になったので、なか卯の親子丼を食べてきました。

 

訪問したのはなか卯 布施店。

なか卯の親子丼はレギュラーメニューなので、店頭で大きく宣伝されることはなく、

リブロースステーキ重や

天然イクラ丼がタペストリーで宣伝されていました。

早速店内へ入ると、お店の方の明るい挨拶に迎えられます。

 

お店は食券制なので、入り口近くにある券売機で、まずは食券を購入します。

今回は親子丼を食べに来たので、親子丼の並をサクッと購入。

価格は松屋と同じく490円。

 

食券を購入して空いている席に座ると、お店の方が食券のチェック済ませ、後は待つだけ。

 

しばらくすると、親子丼のできあがり!!

そして、こちら↓↓が昨日食べた松屋の親子丼

まず、大きく違うのはみそ汁

やはり、松屋と言えばもれなく付いてくるみそ汁。

丼ぶりの形は、なか卯はよくある形の底の深い丼ぶりで、松屋は底の浅い丼ぶりになっています。

卵とじの火の通り具合は、なか卯は半熟、松屋はしっかり。

玉子とじの色も違いますね。

メインの具材の鶏肉は、松屋の鶏肉が大きくて量も多いように見えます。

そして、松屋の親子丼には刻み海苔が盛られています。

では

 

 

いただきます!!

 

 

まずは、なか卯の親子丼をぱくっと。
うまい!!
卵とじは半熟でとろとろでやわらかな食感。
鶏肉もやわらかな噛み心地です。
ごはんはダシの汁気でやわらかくなっており、口の中にかき込みやすく、食べやすいです。
味つけもあっさりとしていて、食感ともマッチしています。

 

そして、松屋の親子丼をぱくっと。
うまい!!
卵とじはなか卯とは違い、しっかりと火が通っていて、卵とじにもしっかりとタレの味が染み込んでいます。
そして、昨日の記事の繰り返しになりますが、
鶏肉が大きい!! 量もたっぷり!!
肉質は噛み応えのあるしっかりとした歯応えです。
ごはんには汁気はあまりなく、食感はなか卯に比べて硬めの印象です。
なか卯はつゆだく、松屋はつゆ無しみたいな感じですね。
味つけもなか卯とは違いしっかりとした濃い味付けになっています。

 

なか卯と松屋の親子丼は価格は同じですが、はっきりと違いが分かる親子丼になっています。

味つけも食感もやさしくふんわりとした印象のなか卯の親子丼。

それに対して、松屋は味付けも食感もしっかりとした親子丼になっています。

 

美味しかったです。

ごちそうさまでした。


なか卯のHP

松屋のHP

コメント

タイトルとURLをコピーしました